バイナリーオプションで独立宣言

大学時代にバイナリーオプションをはじめた

バイナリーオプションで独立宣言

 

皆さんは何か投資というものを行っていますでしょうか。私は数年前からバイナリーオプションという投資を行っています。このバイナリーオプションをやろうと思ったきっかけは、大学時代の友人に会った時に勧められたからです。その頃私は未来に備えて何かしらの投資をしたいと考えていたので友人に相談してみました。するとこの投資が簡単で儲かるからオススメだと言われたのです。しかし、はじめはそんな上手い話はないと信じられませんでした。何故なら、世の中そんなに甘くない事を知っていたからです。きっと多くの方が私と同様の事を思うのではないでしょうか。ですが、更に詳しい事を聞いた所、数百円からできるという事がわかったのです。数百円からできるなら安心してできるのではないかと思ったい軽い気持ちでそのバイナリーオプションとやらをやってみる事にしてみました。

 

実際、そのバイナリーオプションとやらをやってみると意外と楽しめたので良かったです。自分のやっている業者では数分後の為替相場が上がっているか下がっているかを予想するのですが、これが単純明快なルールでとてもとっつきやすかったです。だから今では多くの人達がやっているんだなと納得しました。肝心な私の勝率の方なんですが、6割程度ではないかと思います。だから、多少利益がでているという程度です。私は大きくは儲ける事ができていませんが、少額からできる投資という観点ではアリではないかと考えています。ですから、これからも継続していくつもりです。私は友人ほど儲ける事はできていないですが、オススメできる投資ではないかと感じています。

 

だから、これから何かしらの投資を行おうと考えている方にはバイナリーオプションをオススメしたいです。特に投資がしたいけどまとまったお金を用意する事ができないという方には良いのではないかと思います。あくまで投資ですので、決められた金額内で運用する事を忘れないようにしましょう。

 

 

バイナリーオプション業者の比較をする点

バイナリーオプションで独立宣言

 

国内でバイナリーオプションをする場合、金融取引の経験がない初心者でも出来ることからギャンブル性が高いと判断され規制が掛かることになりました。そのことから海外の業者を拠点をして、バイナリーオプションをする人が増えています。まずバイナリーオプションをするのであれば、業者を選んで口座開設をしなければなりません。そしてたくさんの業者がありますので、選ぶ時に迷ってしまうこともあるでしょう。比較することで選びやすくなりますので参考にしてください。

 

比較として、まず大切なことは利益についてになるでしょう。稼ぐことが出来なければ意味がありません。そのための比較としてペイアウト率があります。入金した金額で予想を的中されればそのペイアウト率で出金することができますので、利益の面で大きなウエイトを占めることになります。利益を追求する方であればペイアウト率が高いところを選ぶのも良いです。

 

また最小金額で取引ができる、そして1日の取引回数なども業者によって異なります。生活にどのくらいバイナリーオプションが関わるのかによって、選び方も変わってくるでしょう。その点も比較する時に入れておきたい点にあります。また安全性も比較するべき点です。海外業者よりも国内業者の方が信頼できますし、また入出金の対応もスムーズになります。

 

海外業者ですと、国内業者と比較するとスムーズさが欠けることが多く、だからこそ詐欺にあったのではないという不安を抱くことにもなります。実際は単純に遅れているだけであり、トラブルではないことが多いですが、その点も考慮して業者選びをしたいところです。

 

絶対の安心と安全を求めて取引したいのであれば日本国内の業者、バイナリーオプションそのものを楽しみたいのであれば海外の業者を利用するというのが現状の判断基準になります。業者はひとつしか契約してはいけないというルールはありませんので、複数の業者の口座を開設するのも良い判断になります。参考:国内バイナリーオプション業者で安心取引をするならココ!

 

 

バイナリーオプションにかかる税金

バイナリーオプションで独立宣言

 

バイナリーオプション取引によって得た利益には税金が課せられます。納税の際には確定申告書を提出して手続きを行いますが、バイナリーオプションの取引によって得られた利益は雑所得として扱われます。そのため、年間での利益額が20万円を超えない場合には、確定申告は必要ありません。年間のバイナリーオプションの利益額が20万円を超えた場合には、申告分離課税の対象となりますので、20.315%の税率で計算された金額が課税額となります。税率は所得に関わらず20.315%となっており、その内訳は所得税が15%、復興特別所得税が0.315%、住民税が5%です。なお、課税の際の計算対象となるのは反対売買などの決済によって確定している注文によって発生した利益のみです。決済を行っていないポジションに対しては申告の対象にはなりません。

 

年間の取引を通じた累積損益がマイナスになっている場合には、確定申告を行うことでその損失を翌年度以降に繰り越すことが可能です。この損失の繰越は株取引などと同様に3年間繰り越すことが出来ます。また、バイナリーオプション取引を行うにあたって必要となるモノに対しては、経費として申請することが出来ます。バイナリーオプションを学ぶために購入した書籍や雑誌、セミナーの参加費だけではなく、取引をする際に使用したパソコンの購入費用やインターネット回線料金についても経費として組み入れることが出来ます。ただし、プライベートでも利用しているものについては、利用状況を考慮して按分されます。

 

海外のバイナリーオプション業者を使用して取引を行っている場合、日本の公的機関から業者に取引内容の詳細を確認することができないため、脱税することが可能なように見えます。しかし、海外のバイナリーオプション業者に保管してる投資金を国内銀行の自分自身の口座に出金した際に目をつけられて発覚し、罪に問われるケースも有りますので正しく申告することが重要です。

 

 

バイナリーオプションで出来ること

バイナリーオプションで独立宣言

 

バイナリーオプションは、二者択一で利益を出す取引になりますので、初心者の人でも行いやすいでしょう。しかし現在はその初心者にもわかりやすい取引が問題になり、日本ではそのような取引をすることができません。ギャンブル性が高いということで、日本国内の業者で取引を行う場合は、業者で行われるテストに合格しなければ口座開設をすることができないようになっています。初心者でも行いやすいバイナリーオプションをしたいのであれば海外業者でする必要があります。海外と聞くと警戒心を持ってしまう人も居るでしょうが、業者も安心して利用できるところが多いですので、その点は心配する必要はありません。よって本来のバイナリーオプションを行うことができます。

 

現在バイナリーオプションができることは3つあり、よく知られている取引になっている値が高くなるのか?低くなるのか?を予想するハイロー、値がその域に留まるのかを予想するレンジ、そして時間内に値に触れるのかを予想するワンタッチという取引になります。取引を行っていくうちで、自分にはどんな方法があっているのかわかってきますので、自分が得意な取引を見つけて利益を出しやすい環境を作ってください。

 

またペイアウト率も利益を出すには欠かせない項目です。投資した金額に掛けその額が自分の利益になりますので、ペイアウト率は重要です。このペイアウト率は業者間によって異なりますので、口座開設をする際には、自分の使い勝手だけを考えるのではなく、ペイアウト率にも注目しながら選びようにしましょう。そしてバイナリーオプションは損益の確定が出るのが非常に早いですので、リスクの管理がしやすいというメリットがあります。損失のことを考えながら損切りをする必要がありませんので、損失がたとえ出たとしても投資した金額がリスクになりますので、管理しやすいでしょう。バイナリーオプションをするのであればメリットを感じて、取引に参加するようにしてください。

 

 

バイナリーオプションは一つのステップ

バイナリーオプションで独立宣言

 

どちらかを選択することで損益が決まるバイナリーオプションは、金融取引の中で初心者が参加しやすいことで有名になりました。しかしギャンブル性が高いということで、問題視されるようになりましたが、実はこのバイナリーオプションは、他の金融取引に通じることも多く、バイナリーオプションを経て人気のFXや株取引、先物取引に参加するようになった人も多いです。特にFXは利益が出ると評判ですので、興味を持っている人も多いでしょう。それらの金融取引に参加するためのステップとして、バイナリーオプションは最適です。

 

まずバイナリーオプションは通貨を取り扱うことが多いですので、たとえばこれからFXをしてみたいという人には、為替市場に触れることができるでしょう。為替というのは、世界情勢や経済によって市場が変動していきます。特にアメリカが中心となってこの世界が動いていることがわかるでしょう。そのような観察眼というのは、為替市場に触れることによって養われていきます。バイナリーオプションは2つに1つの選択で利益を出す取引ですが、やはり世界情勢や経済の状況によって市場も変動しやすく、その時期を狙って取引をすることで利益が出しやすい環境になることもあります。バイナリーオプションで得た経験が、その後のFXや株取引でも生かすことができるでしょう。

 

また金融取引というのは、メンタルが強くなければなりません。この時を逃すことがない強い精神力、そして損失を最小限に抑えるために、行かない勇気を持つことも重要です。金融取引には強い精神力が求められますので、まず取引がしやすいバイナリーオプションから始めて、その強い精神力を養うとこともできるでしょう。取引を行う業者が提供する仮想通貨によるシミュレーションがありますが、実際のお金で取引するのとでは、全く変わってきます。金融取引で求められるメンタルというのは、実際のお金で取引することで強くなりますので、最適な鍛錬方法になるでしょう。

 

 

バイナリーオプションは自分に向いている取引の種類を見つけよう

バイナリーオプションで独立宣言

 

バイナリーオプションはいくつかの取引の種類があります。ほとんどのオプション業者で採用されているのはラダー取引、ワンタッチ取引、レンジ取引です。この3つはバイナリーオプションと言えばというほどの定番の取引なので、それぞれの取引内容をしっかりと熟知しておきたいところです。まずはこの3つの取引の種類の中から自分がやりたい取引、自分に向いている取引を見つけたいところです。バイナリーオプションの取引の種類において共通することはどの種類にも取引の終了となる期限が決まっていることです。その期限がやって来た時にどうなっているのかを予想するのがバイナリーオプションです。

 

期限がやって来た時に予想が当たっていると利益を手にすることが出来ますし、予想が外れてしまっている場合は損失を被ることになります。ラダー取引は一定以上上昇するか下落するかを予想する取引です。ワンタッチ取引はどの値段まで相場が上昇下降するのかを考えて、期限までにどのくらいまでの値段に触ることが出来るのかを当てる内容です。レンジ取引は期限までに相場が目標の範囲を超えるかどうかを当てる内容です。どれも似たような設定ですが、実際にやってみるとかなり大きな違いがあります。これらの取引の種類において、その時の相場状況から自分にとって利益を上げやすい取引の種類を選ぶことが大事です。

 

また、人によって向いている取引の種類などがあるので、最初に一通り取引の種類を実践してみるのがおすすめです。そうすると、それぞれの取引の特徴を把握することが出来るので自分にとって勝率を高めやすい取引を見つけやすくなります。バイナリーオプションと言えば為替と思っている人は多いものですが、業者によっては先物取引や株価指数など、いろんな銘柄を選択してオプション取引することが出来ます。この銘柄選びも取引の種類を選ぶ事と同じように重要なポイントになってくるのでしっかりと選びましょう。

 

7月10日。お昼は中国株が下落したこと、ギリシャのニュースがテレビで流れていました。ニュースでは、中国株の下落の原因は、空売りが規制が緩和されたことだと言っています。その前に中国は、景気を下支えするために2014年11月に政策金利の引き下げを行いました。それは約2年ぶりのことです。久しぶりの利下げが好感されて株価は上昇していきました。その上昇に乗り遅れないようにしようと、投資家達は次々と飛び乗ります。すると、私も私も!とさらに買いが入って勢いよく株価は上昇します。政策金利の引き下げを行ってからほぼ1本調子で上昇してきています。ところが、2015年4月17日、株式市場が終了した後、中国証券当局は空売り規制を緩和する措置を発表しました。それによって、売りがやりやすくなると判断されて、株式市場では株が下がりやすくなるという警戒感から売りが出るようになりました。それ以来、積極的に買いをしてきた投資家達は、これはやばいからということで、次々と利益確定させるからどんどん株価は下がっていく。そして、下落が始まるとパニックになって売る人が続出したおかげでますます下落は勢いを増します。そんな感じで下落が進んで行った結果がニュースで取り上げられた歯止めの効かない連日の下落です。特に6月の後半に目立ってきて、7月になるとさらに1日の下落幅は加速しました。それにより、買っていた人は大損しています。これ以上下落すると大変だと思った中国政府は株価下落を防止させるために、7月8日、1200銘柄以上の中国株を売買停止にすることを実施しました。すると、1日後は拍車がかかっていた下落が嘘のように少なくなりました。そのおかげで、中国株の動向に神経質になっていた日経平均は、午後に向けて急反発を見せました。クロス円も安値圏から一気に切り返して、円買いの巻き戻しが起こりました。まさかこんなことになるとは思っていなかったので、正直驚きました。中国政府がこんなにはやく手を打ってくるとは思わなかった。

続きを読む≫ 2015/12/04 14:05:04

FXにおいてポジションを取ったはいいが、みるみるマイナスになってしまったという経験は誰しもあると思います。大抵は損切りしますが、ポジションの数が少なかったり証拠金維持率に余裕があればプラスになるまでそのまま保有する場合もあります。しかしこの方法戦略として長期保有するつもりならともかく短期取引をやっている人がプラスなるまで保有するのは非常にリスクを伴います。

 

第一、為替の変動は定石通りにはなりませんからいつプラスに戻るか分かりません。逆にマイナスが膨らんでしまい取り返しのつかない損失を被ることだってあり得るのです。損失を確定させるのは誰だって嫌ですが、FXで稼いでいる人だって全部勝ち続けている訳ではありません。細かく損切り出来てこそコンスタントに稼ぐことが出来るのです。ポジションの数が少ない、証拠金維持率に余裕がある、これも危険な考えです。為替の変動は時に予期せぬ大変動をもたらす事もありますので余裕を持っていたつもりが大損失により退場するはめになった人も数多くいるのです。損切りは大事ですので徹底して行うよう心掛けましょう。

 

そう言う私もこれまで取引でマイナスが膨らんでしまい二度ほど取引から遠ざかった事があります。いずれも数十万円単位の損失でロスカットとなってしまいました。それに懲りてマイナスの下限を設定するようにして過去の涙に暮れた出来事を繰り返さないよう心掛けています。それもありトータルでは3年間で100万円の利益を出せるまでになりました。FXは短時間で稼げますが、その反面一気にお金が無くなる事もありますので資金管理はしっかりとしておきたいものです。

続きを読む≫ 2015/06/02 16:45:02

まず結論から言うと、初心者でも稼げると話題のFXですが最低限度の準備はしておかないと初心者が稼ぎ出すことは簡単ではないです。しかし、稼げないと言う訳ではないですし、しっかりと準備をしておけばより少ないリスクで大金を稼ぎ出すチャンスが増えるという意味です。

 

私が初めてFXを行ったのは今から数年前です。当時、様々なメディアでFXが取り上げられており、「簡単」・「勝てる」・「稼げる」といった謳い文句に乗せられて安易に始めました。私の場合、それほど警戒せずに初心者でも大丈夫だという言葉を信じて何ら準備をせずに取引を開始しました。最初から高額を預け入れたわけではありませんでしたが、最初に保証金とした3万円はあっという間に無くなってしまいました。
そもそも、私はチャートの見方もしりませんでしたし、テクニカル・ファンダメンタル分析なんて存在自体知りませんでした。それらを自在に操るとまではいかないにしても、少なくとも世界情勢に関するニュースに関心を持つとか、世界の市場に影響を与える要素を知るといった事をしてから始めればよかったと思います。

 

とはいえ、全く勝てずにストレートで負けたと言う訳ではありませんでした。いつでも取引できるので少しでもプラスになったら利確をするという方法も行いました。しかし、マイナスが極端に大きくなってしまったので保証金は無くなりましたが、その後はしっかりと勉強をして今ではそれほど負けること無くなりました(トータル的な意味で)。
これからも更に勉強してもっと稼げるようになりたいと思います。

続きを読む≫ 2015/06/02 16:45:02

投資の格言に、「頭としっぽはくれてやれ」というものがありますよね。
でも、そんなに簡単にはいかないもの。
自分が想定していた含み益が出たところで利益確定をすれば、目標は達成したのだからいいというのは頭ではわかっていますが、
「ここで粘れば、もうちょっと利益が増えるかも」なんていう悪魔のささやきが聞こえてきて、目いっぱい利益を得ようとしてしまうこともしばしばです。
そんなときに限って、あれよあれよという間に相場が逆方向に動いてしまって、不本意なところで決済をしなければいけない羽目になってしまいます。
そんな痛い目に何度か遭うと怖くなってしまって、今度はすぐに利益確定をしてしまい、
その後相場がどんどん伸びて、あそこで利益確定しなければもっと儲けられたのにと悔しい思いをしてしまいます。
でも、たまに粘ってポジションを持ち続けると、頭としっぽまでがっつり取れて、「最高! FXやっててよかった!」と思えることもあるのです。
そういうところがFXの醍醐味の一つでもありますよね。
そんな思いをするたびに、FXをやっていくうえで難しいのは、ポジションを持つことではなく手じまうことだと実感します。
淡々と冷静に手じまい、着々と利益を積み重ねていくというトレードが理想ですが、
その域にはほど遠く、いつも相場に振り回されっぱなしで、こうすればよかったという反省することの多いトレードです。
それでもやっぱりFXは難しくて楽しい!

続きを読む≫ 2015/06/02 16:45:02

FXの売買のやり方の1つに、ナンピンがあります。ナンピンは値段が下がっていく都度、買っていくやり方になるのです。
例えば現在の外貨の金額が、33円になっているとします。まずその時に、外貨を1枚買ったとしましょう。買っている訳ですから、もちろん外貨が上がってくれる方が嬉しい訳ですね。
ところが実際の外貨の値動きは、必ずしも上昇するとは限らないものです。32や30ジャストなどに下がってしまう事も、大いにあり得るでしょう。実際本日のニュージーランドドルなども午前中は上昇していましたが、午後に突入してからは下がっていました。
ところでその下落を狙うやり方が、ナンピンになるのです。32や30ジャストに突入したら、一旦損切りをするやり方もありますね。しかしナンピンの場合はそこで損切りをせずに、また買いの注文をします。もちろんリバウンドの上昇を狙う訳ですね。
一見すると、それは非合理的なように思われるかもしれません。下落をすればロスカットになってしまう可能性があるからです。
しかし、実はそれは合理的なやり方でもあるのです。それもレバレッジ次第ですね。
確かに金額が下がってしまえば、含み損などは発生する事になるでしょう。しかしレバレッジが1になっていれば、少なくともロスカットが発生する事は無いのですね。十分な資金を口座に入金しておいて、そのナンピンで稼ぐやり方もある訳です。そのナンピンでの指値の売買を行っている方も、たまにいらっしゃいますね。
逆に証拠金がちょっと少ないと、ロスカットになってしまう事もあるでしょう。要はやり方次第で、FXではナンピンが活躍してくれる事もある訳です。

続きを読む≫ 2015/06/02 16:45:02

海外の業者で口座を作ろうと思っている方々は、しばしば言語に関する心配をしているようです。
日本でFXの口座を作る分には、特に言語に困る事は無いでしょう。日本国内の金融会社のホームページの記載は、まず間違いなく日本語になっているからです。
ですが海外の場合は、ホームページの表記などが英語になってしまっているのではないかと心配な方もいらっしゃる訳ですね。確かに表記が英語になっていれば、ちょっと使いづらい一面もあるでしょう。
特に心配なのは、売買を行う時ですね。FXでは正確性が求められる事が多いのですから、表記が日本語でないと間違った売買を行ってしまう可能性もあるでしょう。
しかし個人的には、その言語に関する心配は無用だと考えられます。それには主に2つの理由があるのです。
まず主要な海外業者のホームページの記載は、たいてい日本語表記になっています。海外の業者が20くらいあるとすれば、その中の18ぐらいは日本語表記になっている状況ですね。ですので日本人の方々でも、安心して売買を行う事ができるでしょう。
もう1つの理由ですが、海外の会社では日本人のスタッフの方々は常駐している事も多いのですね。上記のように不安をお持ちの方はやはり多いらしく、それに備えて海外業者で日本人スタッフが控えている事も珍しくありません。たいていはチャットを用いて、画面の操作方法などを説明してくれます。
そのような2つの理由から、海外におけるFXで言葉の壁に悩む可能性が低いと考えられます。

続きを読む≫ 2015/06/02 16:44:02

FXという商品は、海外の会社も取り扱っています。そして海外の会社で売買を行うにしても、やはり出金手続きは必要になります。
そもそも海外の会社で売買を行った時には、利益もしくは損失が生じる事になるでしょう。どちらに転んだにしても、必ず口座から出金をする手続きが必要になります。出金できないと、もちろん困ってしまいますね。
ところで一部の海外の会社では、たまにその困ってしまう事態が発生していたようです。現にこの間、私はある比較サイトにて「海外の業者に気をつけた方が良い」と警告されていたのを覚えています。なぜならある海外の業者にて、ちょっとトラブルが発生していたようですね。
というのも、ある日本人の投資家の方がある海外の会社にて売買を行ったそうなのです。それで比較的大きな利益が発生していたのですね。もちろん利益が発生したのであれば、海外の口座から出金したいと思うのが自然でしょう。
ちなみに海外の会社は、主にWEB媒体を用いて出金手続きを行う事になります。日本でもそれは同じですね。
ところが海外の会社から出金しようとした時、拒否されてしまったようなのです。それで口座保有者としては、大変困ってしまいました。
そのような事はごく稀にあるので、海外の会社で口座を作る時には少々気をつけた方が良いでしょう。基本的には各会社のホームページを確認するのが良いと思います。信頼できる会社かどうかを確認した上で、海外FXの口座を作るのが良いですね。

続きを読む≫ 2015/06/02 16:44:02

一時期のFXの業界では、日本のトレーダーが海外に流れた事が多かったと言われています。その理由なのですが、ある時にルール変更が生じたからです。
確か今から数年前なのですが、FXの業界にて倍数の規制が生じました。いわゆるレバレッジですね。
その規制が生じるまでは、100倍などで売買をする事ができたのです。つまり規制前までの時期は、比較的少なめな金額で多くの外貨を動かす事ができていたのです。ハイリスクハイリターンの売買ができた訳ですね。
ところがある時から、国内金融会社を管理している公的機関が動きました。それで倍数が最大25倍までに限定されてしまったのですね。
その変化に伴って、多くの日本人の投資家の方々は海外に注目するようになりました。上記の25倍という数字は日本国内のみに適用できるのですが、海外に対しては適用できないのですね。そして一部の投資家の方々は、ハイリスクハイリターンの売買を望んでいるのです。日本国内の25倍という数字ではハイリターンが難しいので、海外に流れた方が増えたそうてす。
それが理由なのか、最近では海外の業者が日本でその投資商品をアピールしている事も増えていますね。恐らく海外の業者としても、さらに日本人の顧客を増やしたいと思っているのではないでしょうか。
ちなみに海外に流れる動きは、まだ加速しているようです。ですので今後も海外FXの口座保有者の数は、まだまだ増えていく可能性もありますね。

続きを読む≫ 2015/06/02 16:44:02

相場における格言の一つに「市場は常に間違っている」というのは私の強い信念である、というある投資家が残した言葉があります。でも市場が間違っているのではなく、為替市場は間違っているかのごとく、変動していくといった意味ではないかともとれます。自分の読みと為替市場が違っていれば、損害があるのは仕方のない事です。
この格言は、英文に直すと間違っているという言い方ではなく、バイアスがかかっていると言っているのです。バイアスというのは偏りという意味です。為替市場は常に一定ではなく時として偏りがある、もともと為替相場の上昇や下降は一定ではないものです。
そのような為替の世界には常に同じやり方では通用しないし、それをすれば今は利益を出していたとしてもいつかは損害を免れないのです。相場変動の偏りを読んで早急に手を打つことができれば、仮に損害が出たとしても最小限に抑えることができます。
為替市場は大体こういった変動で動いているからといって、油断することは危険だということがわかります。大体こういった変動で動いているという仮定は「常に間違っている」と意識して、何か異常があった時に備えることが必要です。
勝負の世界でも思い込みというか勝てるだろうと油断している際に、相手が思いもしない手段を使ってくれば不意をつかれてしまうものです。それが原因で、逆転負けをするというケースも出てきます。それは、利益を出すか損害を出すかという為替相場の世界でも一緒です。
FXを始める際には、このことを頭に入れて取引を行うようにしましょう。

続きを読む≫ 2015/06/01 13:21:01

昨今の様々なFXの会社は、自動的なシステムをリリースしています。たいていの金融会社は、それをシステムトレードと呼んでいますね。
ところでそのシステムを用いる際には、様々なルールの中から自分に最適なものを選ぶ必要があるのです。いわゆる売買ルールというものに則って自動的な売買を行ってくれるのですが、数多くのルールの中からどれか1つを選ぶ必要があるのです。
どのような基準で選べば良いかと申しますと、その1つにドローダウンというものがあります。それはすなわち、過去に発生した最大の損失です。
この金融商品で売買を行う為には、やはりリスクは大切です。そしてリスク完了する為には、もちろん過去の損失も大事なデータになります。ですので起こり得る最大の損失額を知っておくのは、とても大切でしょう。
基本的にはそのドローダウンの数字が、余り大きくないルールの方が適切と言われています。その数字が大きいという事は、すなわちリスキーになるからです。ですので数字が低い売買ルールを選ぶのも、1つのやり方なのですね。
ただ1つ気をつけておくべきなのは、それはあくまでも「過去」の話です。よく言われる事ですが、相場における過去の出来事は、未来にも当てはまるとは限りません。未来はまた別の事態が発生し得るので、過去の最高損失額がいずれ更新される可能性もあるのです。未来は未来のものであり、過去とはまた別なのですね。
FXの売買の為にドローダウンを参考にするのは良いですが、あまり過信し過ぎないのも大切だと思います。

続きを読む≫ 2015/06/01 13:20:01