倍数の変化に伴って一時期は海外に利用者が流れたFX業界

倍数の変化に伴って一時期は海外に利用者が流れたFX業界

一時期のFXの業界では、日本のトレーダーが海外に流れた事が多かったと言われています。その理由なのですが、ある時にルール変更が生じたからです。
確か今から数年前なのですが、FXの業界にて倍数の規制が生じました。いわゆるレバレッジですね。
その規制が生じるまでは、100倍などで売買をする事ができたのです。つまり規制前までの時期は、比較的少なめな金額で多くの外貨を動かす事ができていたのです。ハイリスクハイリターンの売買ができた訳ですね。
ところがある時から、国内金融会社を管理している公的機関が動きました。それで倍数が最大25倍までに限定されてしまったのですね。
その変化に伴って、多くの日本人の投資家の方々は海外に注目するようになりました。上記の25倍という数字は日本国内のみに適用できるのですが、海外に対しては適用できないのですね。そして一部の投資家の方々は、ハイリスクハイリターンの売買を望んでいるのです。日本国内の25倍という数字ではハイリターンが難しいので、海外に流れた方が増えたそうてす。
それが理由なのか、最近では海外の業者が日本でその投資商品をアピールしている事も増えていますね。恐らく海外の業者としても、さらに日本人の顧客を増やしたいと思っているのではないでしょうか。
ちなみに海外に流れる動きは、まだ加速しているようです。ですので今後も海外FXの口座保有者の数は、まだまだ増えていく可能性もありますね。