レバレッジが低ければナンピンが活躍してくれる事もあるFX

レバレッジが低ければナンピンが活躍してくれる事もあるFX

FXの売買のやり方の1つに、ナンピンがあります。ナンピンは値段が下がっていく都度、買っていくやり方になるのです。
例えば現在の外貨の金額が、33円になっているとします。まずその時に、外貨を1枚買ったとしましょう。買っている訳ですから、もちろん外貨が上がってくれる方が嬉しい訳ですね。
ところが実際の外貨の値動きは、必ずしも上昇するとは限らないものです。32や30ジャストなどに下がってしまう事も、大いにあり得るでしょう。実際本日のニュージーランドドルなども午前中は上昇していましたが、午後に突入してからは下がっていました。
ところでその下落を狙うやり方が、ナンピンになるのです。32や30ジャストに突入したら、一旦損切りをするやり方もありますね。しかしナンピンの場合はそこで損切りをせずに、また買いの注文をします。もちろんリバウンドの上昇を狙う訳ですね。
一見すると、それは非合理的なように思われるかもしれません。下落をすればロスカットになってしまう可能性があるからです。
しかし、実はそれは合理的なやり方でもあるのです。それもレバレッジ次第ですね。
確かに金額が下がってしまえば、含み損などは発生する事になるでしょう。しかしレバレッジが1になっていれば、少なくともロスカットが発生する事は無いのですね。十分な資金を口座に入金しておいて、そのナンピンで稼ぐやり方もある訳です。そのナンピンでの指値の売買を行っている方も、たまにいらっしゃいますね。
逆に証拠金がちょっと少ないと、ロスカットになってしまう事もあるでしょう。要はやり方次第で、FXではナンピンが活躍してくれる事もある訳です。