手じまうのは難しい……。

手じまうのは難しい……。

投資の格言に、「頭としっぽはくれてやれ」というものがありますよね。
でも、そんなに簡単にはいかないもの。
自分が想定していた含み益が出たところで利益確定をすれば、目標は達成したのだからいいというのは頭ではわかっていますが、
「ここで粘れば、もうちょっと利益が増えるかも」なんていう悪魔のささやきが聞こえてきて、目いっぱい利益を得ようとしてしまうこともしばしばです。
そんなときに限って、あれよあれよという間に相場が逆方向に動いてしまって、不本意なところで決済をしなければいけない羽目になってしまいます。
そんな痛い目に何度か遭うと怖くなってしまって、今度はすぐに利益確定をしてしまい、
その後相場がどんどん伸びて、あそこで利益確定しなければもっと儲けられたのにと悔しい思いをしてしまいます。
でも、たまに粘ってポジションを持ち続けると、頭としっぽまでがっつり取れて、「最高! FXやっててよかった!」と思えることもあるのです。
そういうところがFXの醍醐味の一つでもありますよね。
そんな思いをするたびに、FXをやっていくうえで難しいのは、ポジションを持つことではなく手じまうことだと実感します。
淡々と冷静に手じまい、着々と利益を積み重ねていくというトレードが理想ですが、
その域にはほど遠く、いつも相場に振り回されっぱなしで、こうすればよかったという反省することの多いトレードです。
それでもやっぱりFXは難しくて楽しい!