FXにおける長期ポジション保有のリスク

FXにおける長期ポジション保有のリスク

FXにおいてポジションを取ったはいいが、みるみるマイナスになってしまったという経験は誰しもあると思います。大抵は損切りしますが、ポジションの数が少なかったり証拠金維持率に余裕があればプラスになるまでそのまま保有する場合もあります。しかしこの方法戦略として長期保有するつもりならともかく短期取引をやっている人がプラスなるまで保有するのは非常にリスクを伴います。

 

第一、為替の変動は定石通りにはなりませんからいつプラスに戻るか分かりません。逆にマイナスが膨らんでしまい取り返しのつかない損失を被ることだってあり得るのです。損失を確定させるのは誰だって嫌ですが、FXで稼いでいる人だって全部勝ち続けている訳ではありません。細かく損切り出来てこそコンスタントに稼ぐことが出来るのです。ポジションの数が少ない、証拠金維持率に余裕がある、これも危険な考えです。為替の変動は時に予期せぬ大変動をもたらす事もありますので余裕を持っていたつもりが大損失により退場するはめになった人も数多くいるのです。損切りは大事ですので徹底して行うよう心掛けましょう。

 

そう言う私もこれまで取引でマイナスが膨らんでしまい二度ほど取引から遠ざかった事があります。いずれも数十万円単位の損失でロスカットとなってしまいました。それに懲りてマイナスの下限を設定するようにして過去の涙に暮れた出来事を繰り返さないよう心掛けています。それもありトータルでは3年間で100万円の利益を出せるまでになりました。FXは短時間で稼げますが、その反面一気にお金が無くなる事もありますので資金管理はしっかりとしておきたいものです。