サラリーマンが株よりFXを選ぶ理由と時間帯

サラリーマンが株よりFXを選ぶ理由と時間帯

FXの口座を保有している方の中には、サラリーマンもいらっしゃいます。主に副業を目的として、その金融商品を活用している事が多いです。
ところでサラリーマンが活用できる投資は、FXの他にもあります。株はその1つですね。
そしてサラリーマンの中には、株よりもFXの方が売買しやすいと考えている方もいらっしゃいます。その理由の1つは、時間帯なのです。
確かにその2つは、どちらも値動きが有ります。しかも、どちらもリスクがありますね。
しかし両者には決定的な違いが1つあって、それが動きが発生している時間帯なのです。まず株式投資の場合は、時間帯がある程度限定されています。基本的には午前中からお昼過ぎまでの時間帯のみ、株価が変動しているのですね。お昼過ぎを経過しますと、マーケットはクローズしてしまいます。
そしてサラリーマンの方々は、そもそも午前中からお昼過ぎという時間帯は、会社で働いていますね。会社で作業をしている関係上、株式投資を行うのは難しいでしょう。指値で売買をする事は可能でも、いわゆる成り行きの注文は困難なのです。
ところがFXという商品の場合は、ほぼ24時間体制で売買をする事ができるのです。サラリーマンの方が会社から帰宅した20時や21時などの時間帯でも、その商品で売買をする事は可能なのですね。ですのでサラリーマンにとっては、株よりもFXの方がメリットが大きな一面もあります。それで株よりも、その外貨の商品を選んでいる訳ですね。